効果的な抗がん剤の効用

効果的な抗がん剤の効用 手術や放射線治療の補助療法として効果的な抗がん剤治療は、副作用の予防ができる薬剤の開発や対策によって通院しながら受けることが可能になってきています。
この抗がん剤には、血液を通じて身体全体にめぐりますので、全身に広がった目に見えないがんを死滅させることができる効用があります。
また、腫瘍が大きすぎて手術が困難であったり、重要な血管が集まっている部位にがんが発症している場合は、腫瘍を小さくする効用がある抗がん剤がまず使用してから手術を行うこともあります。
このような抗がん剤治療は、新しいものが次々と開発されており、その進歩はめざましく生存率を向上させています。
さらに、細胞の種類によっては、がん細胞を狙い撃ちする分子標的薬の使用が可能になっており、このような新薬の開発も積極的に行われています。
新薬の開発と同時に、治療による副作用を軽減する対策も積極的になされていますので、今後の治療効果の向上が期待されるでしょう。

抗がん剤や放射線治療による効用はQOL(生活の質)を向上させる

抗がん剤や放射線治療による効用はQOL(生活の質)を向上させる ひと昔前は、がんは不治の病として恐れられていましたが、近年の医学と技術の進歩により、早期のものであれば根治する確率が飛躍的に上がっています。
しかし、命を落としてしまう人々が多くいることも事実で、日頃の生活習慣の改善や定期的な検査が大事になってきます。
不運にもがんに罹患してしまった患者への治療法は主に3つで、それぞれに状況に応じた効用が得られます。
手術で浸潤してしまった部位を切除する療法、抗がん剤の内服や点滴でがん細胞を消滅・転移を予防する療法、放射線を照射することでがん細胞の増殖を抑制し消滅させる療法です。
放射線療法は、体の内側から照射させる方法と外側から照射させる方法があります。
転移場所によって担当の医師が治療方針・計画を挙げ、患者に十分に説明し同意されれば実際に治療が始まります。
数回の照射が必要となり根治にも時間が掛かりますので、自宅で普通の生活を送りながら治療の時だけ通院する方法もあり、QOL(生活の質)が向上したという意見も多くあります。
また、抗がん剤を併用しながら治療する場合もあります。