治療は効用と副作用がある

治療は効用と副作用がある がんの治療方法は大きく分けて手術治療と放射線治療、抗がん剤治療の3種類があります。
手術治療はがん細胞を取り除く外科手術で一番確実にがんを治療できる方法ですが、がん細胞を取り除くために臓器にメスを入れることもあり、手術に耐えられる体力が無い患者やすでに他の臓器に転移が始まっている患者には逆に危険です。
放射線治療はがん細胞にガンマ線や電子線を当てて、がん細胞を減らしたり死滅させたりする療法で即効性は期待できますが、がん細胞ではない良性の細胞まで死滅させてしまう恐れもあります。
抗がん剤治療は薬物療法によりがんを治療する方法で、体力の無い患者やがん細胞の転移を防ぐのには有効ですが、薬によっては副作用もあり、別の疾病を発症する覚悟もしなければなりません。
どの治療方法が最も効用が高いかは患者のがんのステージにより違い、医療費や健康保険適用も考慮しながら患者と医師が納得いくまでカウンセリングすることが大切です。

骨転移などにも効用がある抗がん放射線治療を施して痛みや障害の軽減を図る

骨転移などにも効用がある抗がん放射線治療を施して痛みや障害の軽減を図る がんの種類はさまざまであり、がんが発生した部位によっても抗がんのための治療方法は異なります。
特に骨転移での痛みを軽減したり、脳転移での神経症状を抑止するには放射線治療での効用が大きいのです。
そもそもがんは体の中に出来てしまったり入り込んできた異物ですから、抗がん治療でそれを取り除くことが重要です。
しかしがん化した細胞のすべてを手術で切り取ったり、体の中に備わっている免疫を使って攻撃したりすることは難しい場合もあります。
そのような場合には放射線を使って細胞分裂をおこなって増えようとするがん細胞を少なくしたり、がん細胞と置き換わろうとする細胞を消滅させたりする方法は、抗がんに非常に有効な効用のある手段だといえるのです。
この抗がん治療の方法は部位によって、外部から照射することも、内部から照射することもあります。
ただし、強い副作用場あらわれることも考えられるので、主治医による治療後の経過観察も重要です。