化学療法の抗がん剤の効用を継続するためには副作用を抑えること

化学療法の抗がん剤の効用を継続するためには副作用を抑えること 化学療法で利用されている従来の抗がん剤は、がん細胞の増殖スピードが速いことを利用してDNAの合成・複製や細胞分裂の阻害をターゲットとして作られています。
ホルモン類似薬は、がん細胞の増殖に関係するホルモン受容体に作用して抗がん作用をあらわしていて最近ではがん細胞の増殖に関係がある分子だけを標的とする薬や、免疫にかかわる薬なども開発されてきています。
従来の細胞障害性抗がん剤は、がん細胞が盛んに分裂・増殖する性質を利用して細胞を死滅させますが、正常細胞にもダメージを与えるため副作用が現れてきます。
毛根細胞が障害されると脱毛が起こり、延髄の嘔吐中枢が刺激されると悪心・嘔吐が現れ口腔粘膜の細胞が障害されると、口内炎が発生し骨髄細胞が抑制されると白血球減少や貧血が起こってきます。
消化管粘膜の細胞が障害されると下痢が起き、ニューロンが障害されるとしびれや麻痺がおこります。
副作用を最小限に抑えて抗がん剤による効用を継続することができるかどうかが、薬物治療成功のカギとなっています。

漢方の抗がん剤は化学療法の副作用を軽減できる効用も

漢方の抗がん剤は化学療法の副作用を軽減できる効用も 天仙液という漢方薬が人気を集めていますが、これは中国を原産とする抗がん剤です。
がん治療で使われる治療法はいくつかありますが、化学療法をすると必ずと言ってよいほど苦しめられるのが副作用です。
しかし、天仙液をはじめとした漢方薬はその副作用を軽減することができる役割が期待できます。
天仙液は漢方の抗がん剤ですので、身体の免疫機能を正常化させながらがん細胞が自発的に死滅するメカニズムを作ってくれる効用があります。
加えて再発を防止する効果もありますので、これまで化学療法の副作用に苦しめられていたという人は試してみてはいかがでしょうか。
放射線療法やその他の療法の治療効果をアップさせてくれる働きがあるのも天仙液の特徴です。
身体のメカニズムを整えてがん細胞の分裂を阻止することで健康な体作りに役立つのが特徴ですので、気になる方は取り扱いのあるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。
1か月あたり15万円前後の薬代がかかるのが一般的です。